法人登記

法人登記とは

会社を設立(設立総会等を開催し、定款を作成し、商売を始める等を行った状態)しただけでは法人ではなく、会社を設立した後に登記を行うことではじめて法人としての人格(法人格)を法的に認められることになります。

法人格がないと銀行口座を作ったり、法人への様々な支援を受けることができません。

法人登記に必要となるもの

以下の書類が必要となります。

  • 設立時役員の印鑑証明
  • 法人の代表社員(登記前にその法人の名称が使用できるかを調べてから作成)
  • 資本金が確認できる通帳(発起人〈会社を作る人〉の通帳に資本金額以上の残高のあるもの)
  • 定款の公正証書
会社設立の流れ
定款の作成・認証
法人登記
税務申請